本文へ移動

名鉄竹鼻線の歴史を写真で紹介 羽島で企画展

2021年8月3日 05時00分 (8月3日 12時51分更新)
竹鼻線の歴史の紹介や写真などが並ぶ展示会=羽島市竹鼻町のはしま観光交流センターで

竹鼻線の歴史の紹介や写真などが並ぶ展示会=羽島市竹鼻町のはしま観光交流センターで

 名鉄竹鼻線の竹鼻駅(羽島市)と西笠松駅(笠松町)が開通して今年で百周年になったのを記念する企画展示が、羽島市竹鼻町のはしま観光交流センターで開かれている。九月三十日まで。
 企画展示では、竹鼻線がたどった変遷の紹介や沿線近くの名所、竹鼻線にまつわわる写真を紹介している。展示品には、昭和初期の西笠松駅で当時つるされていた行き先と発車時刻を示す「時刻案内器手動式」も併せて並んでいる。
 市観光協会の担当者は「竹鼻線がたどってきた歴史を感じてほしい」と呼び掛けている。
 竹鼻線は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧