本文へ移動

巨人・高橋 オースティンに2被弾も 宮本コーチ「よくぞいろいろなところを攻めてくれた。狙い通り」

2020年2月16日 20時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死、DeNA・オースティン(奥)に本塁打を浴びた巨人・高橋

1回表1死、DeNA・オースティン(奥)に本塁打を浴びた巨人・高橋

▽16日 オープン戦・DeNA 4ー1 巨人(沖縄セルラースタジアム那覇)

 巨人先発の高橋優貴(23)が3イニングを投げ、新外国人オースティンに2本塁打を浴びるなど5安打2失点だった。「同じバッターに2本打たれたのは反省しないといけない。1打席目は甘かった。2打席目は力負け。真っすぐに強いしパワーもある。シーズンで対戦することになるし研究したい」。
 もっとも宮本投手チーフコーチは「よくぞいろいろなところを攻めてくれた。狙い通り」と計算ずくをほのめかしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ