本文へ移動

日本ハム栗山監督が開幕投手は有原と発表「航平と心中する」21日午後2時21分に明かした理由とは…

2020年2月21日 16時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「午後2時21分」に有原を開幕投手にすると発表した日本ハム・栗山監督

「午後2時21分」に有原を開幕投手にすると発表した日本ハム・栗山監督

  • 「午後2時21分」に有原を開幕投手にすると発表した日本ハム・栗山監督
  • ブルペンで木田投手コーチ(右)が見つめ中、調整する日本ハム・有原
 日本ハムの栗山英樹監督(58)は21日、今季の開幕戦となる3月20日の西武戦(メットライフドーム)の先発を、昨年15勝でパ・リーグ最多勝の有原航平投手(27)とすると発表した。有原が開幕投手を務めるのは2017年以来2度目となる。
 この日、タピックスタジアム名護の監督室で大役を任せることを直接伝えた栗山監督は午後2時21分にブルペンで会見。これにはチームでは1982年の工藤幹夫以来となる20勝を達成した上で勝ち星を積み重ねてほしいという願いを込めており、「今季は(有原)航平と心中するという思いはある。『圧倒的な数字を残すシーズン。信じています』と伝えました。開幕からしっかり投げてくれれば」と語った。
 指揮官から熱い言葉と京セラ創業者・稲盛和夫さんの著書「心。」の余白に書き加えたメッセージを受け取った有原は3年ぶりの開幕投手に「チームがいいスタートを切るということを意識して、必死になって頑張りたいです」と抱負。20勝以上という目標についても、「一つでも近づけるように頑張りたい」と意気込んでいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ