本文へ移動

”24分の13”ボールでも…巨人の新助っ投サンチェス「試合で投げる準備できている」 3度目フリー打撃登板で順調アピール

2020年2月21日 18時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリー打撃に登板したサンチェス

フリー打撃に登板したサンチェス

 沖縄・那覇でキャンプ中の巨人は21日、新外国人右腕のエンジェル・サンチェス投手(30)が3度目のフリー打撃に登板した。小林、岸田を相手に計24球を投げ安打性は1本。しかし13球がボールと持ち前の制球力を発揮できなかった。それでもサンチェスは「ゴロを打たせるイメージでマウンドに上がっている。試合で投げる準備はできています」と納得の表情を浮かべた。
 宮本投手チーフコーチも「課題をもってしっかりやっている」と評価した。24日の広島とのオープン戦(那覇)で実戦デビューの予定となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ