日本ハム・平沼翔太が右足関節捻挫、試合復帰まで3週間の見通し 18日の韓国サムスン戦で負傷

2020年2月23日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本ハムは23日、1軍名護キャンプを離脱した平沼翔太選手(22)が東京都内の病院で精密検査を受け、「右足関節捻挫」と診断されたと発表した。今後は千葉・鎌ケ谷の2軍施設でリハビリを行い、試合復帰まで3週間かかる見通しだ。
 今年は1軍スタートだった平沼は18日の韓国サムスンとの練習試合(名護)の8回に二塁への盗塁を試みた際、右足首を負傷。21日に帰京し、国頭キャンプを打ち上げて千葉・鎌ケ谷へ戻った2軍に合流していた。
 タピックスタジアム名護で報告を受けた栗山英樹監督は「上(1軍)か下(2軍)かは分からないが、開幕のころには試合に出られるのかなと思っている。そうなったらいいなと思っている」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ