本文へ移動

「この大会は無理する場所」西田有志の並々ならぬ覚悟が快挙をもたらした【東京五輪・バレーボール男子】

2021年8月2日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
29年ぶり8強を決めて歓喜の記念撮影をする日本男子=AP

29年ぶり8強を決めて歓喜の記念撮影をする日本男子=AP

◇1日 東京五輪 バレーボール男子1次リーグ 日本3―2イラン(有明アリーナ)
 日本はイランとの最終戦をフルセットの末に勝ち、1992年バルセロナ五輪以来の準々決勝進出を決めた。勝った方が準々決勝進出の大一番だったが、結果にかかわらず、日本は全選手がアジアの強敵であるイラン戦に標準を合わせていた。
 左の大砲、西田有志(21)=ジェイテクト=は開幕直前に左太ももの肉離れがあったが、「素直に100%と言える状態ではないけど、この大会は無理する場所。体が痛いということで諦めるくらいなら出ない方がいい。それくらいの覚悟で臨んだ」ときっぱり。チームトップの30得点を稼ぎ出し、最終セット、最後の得点も西田のライトからの力強いスパイクでもぎ取った。
 最年少19歳の高橋藍(日体大)も堅守と時間差を使ったバックアタックなどで貢献し「打点の高さを修正してやれた」と19得点。チーム一丸となって苦しい試合を勝ち抜き歴史の扉を開いた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ