本文へ移動

「パワースーツ」本巣の農家導入 高齢者をアシスト、効率化にも一役  

2021年8月2日 05時00分 (8月2日 05時01分更新)
腰と腕の動きをサポートする「パワードウェア」を身に着け作業する鷲見さん=本巣市で

腰と腕の動きをサポートする「パワードウェア」を身に着け作業する鷲見さん=本巣市で

 体に装着し、電動で荷物の上げ下ろしの負担を軽減する「パワーアシストスーツ」。主に物流現場で使われているが、農業分野でも導入が進む。県内では富有柿を栽培する「かしんフルーツ」(本巣市法林寺)が今年から導入した。労働の負担軽減だけでなく、業務の効率化につなげる。 (藤矢大輝)
 施肥シーズンが始まった六月中旬、同社代表の鷲見隆さん(64)がパワーアシストスーツを装着し、肥料を楽々と運んだ。この時期は一日に乾燥鶏ふんと腐植酸資材の計四十袋を倉庫内から運搬車へ積み込む。総重量は約八百キロ。ピーク時には一・四トンに及ぶという。
 毎年繰り返される重労働。少しでも負担を軽くしようと鷲見さんは一月に機器を購入。肥料搬入のほか、収穫コンテナの積み下ろしや選果場での出荷作業に活用する。「疲労感が全然違う。仕事を終わった後も苦しくなくなった」と手応えを感じている。
 鷲見さんが導入したのは、奈良県のロボット開発企業「ATOUN(アトウン)」製の「パワードウェア」。総重量は約六キロで、背負うように腰と肩に装着する。物を持った際に指先のセンサーが働き、手首の部分をワイヤで引き上げて重さを軽減する。また、腰のベルト...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧