本文へ移動

県立大22年度入試 新設学科30人募集

2021年8月2日 05時00分 (8月2日 05時00分更新)
 県立大は七月三十日、二〇二二年度入試の学生選抜要項を発表した。来年四月に海洋生物資源学部に新設される先端増養殖科学科では、一般選抜と推薦などをあわせて計三十人を募集。全学部の合計では、四百三十人を募集する。
 同学科の募集の内訳は、一般選抜十六人(前期日程十人、後期日程六人)、学校推薦型選抜八人、総合型選抜六人のほか、特別選抜で若干名募集する。総合選抜では、福井県内の志願者を合格させる地域枠を二人分設ける。
 また、同学部海洋生物資源学科の総合選抜の出願資格と試験内容を変更。英語資格や検定試験の成績提出と小論文を廃止し、プレゼンテーションと面接で合否を決める。
 新型コロナウイルスに感染するなどして試験を受けられなくなった場合は、筆記試験は大学入学共通テストの成績と出願書類から合否を判断する。面接試験は、オンラインで別日に実施する。
 出願方法は、一般選抜、学校推薦型選抜、総合選抜でインターネット出願を導入。県立大のホームページから出願する。
 一般選抜の出願期間は一月二十四日〜二月四日。選抜日程は、前期が二月二十五日、後期は三月十二日。合格発表は、前期が三月六日、後期が同二十一日。 (波多野...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧