本文へ移動

<すいスイっと> (22)@名港水族館 ハリセンボン 触れるとけがするぜ

2021年8月2日 05時00分 (8月2日 05時00分更新)
 普段はのっぺりしてるんだけど、水を飲み込むと大変身だ。風船みたいに膨らんで、体中の針がビシって立つぜ。ほらほら、おいらに触れるとけがするぜ。
関連動画はこちら

 いや、海の中にはでっかくて、恐ろしい魚もけっこういるだろ。サメ君とかイルカ君とかおっかねーし、こっちも身を守るために必死なんだ。
 ただ、膨らんだところは、飼育員さんも年に数回しか見られないんだ。居合わせたらラッキーと思わないとダメだぜ。
 あ、この針、本当は千本もないらしいぜ。だいたい三百五十本くらいだって。誰だ? うそついたのは。ハリセンボン飲ますぜ。
  (写真・桜井泰、文・西田直晃)

 ハリセンボン フグ目ハリセンボン科。体長30〜40センチほど。全世界の熱帯から温帯に広く分布する。皮膚が厚く、体表にうろこが変化したたくさんの鋭いトゲを持つ。トゲは普段は寝ており、体を膨らませた際に立つが、その際は動けなくなる。


中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

写真の新着

記事一覧