本文へ移動

打率は驚異の8割5分7厘!! DeNAの新外国人オースティンがまた爆発…日本ハム斎藤佑からオープン戦3号

2020年2月24日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇24日 オープン戦 日本ハムーDeNA(名護)

 DeNAの新外国人選手、タイラー・オースティン内野手(28)=前ブルワーズ=のバットがまた火を噴いた。日本ハム戦の「2番・指名打者」で先発出場。5回に3番手の斎藤佑樹投手(31)から左中間席へソロ本塁打を放った。
 
 オースティンは1回の第1打席は日本ハムの先発左腕・ロドリゲスの前に遊ゴロに倒れたが、3回の第2打席で四球を選ぶと、5回の第3打席で斎藤がフルカウントから高めに投じた6球目を強振。打球はライナーのまま左中間のフェンスを越えていき、タピックスタジアム名護につめかけたファンからは大きなどよめきと拍手が起こった。
 オースティンのオープン戦での本塁打は2発を放った16日の巨人戦(那覇)以来3本目で、またしても持ち前の打力を発揮した形となった。この日は2打数1安打でお役御免。オープン戦通算7打数6安打(3本塁打)3打点の打率8割5分7厘となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ