本文へ移動

「あの時の感覚を思い出しながら…」 純烈・酒井一圭、ヒーローショー西の聖地に総合プロデューサーとして帰還

2021年8月1日 19時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポーズを決める酒井一圭(中央)(C)テレビ朝日・東映AG・東映

ポーズを決める酒井一圭(中央)(C)テレビ朝日・東映AG・東映

 元戦隊ヒーロー出身の俳優中心のムード歌謡コーラスグループ「純烈」のリーダー酒井一圭(46)が総合プロデューサーを務める戦隊バトルステージが1日、和歌山市の和歌山マリーナシティで初日の幕を開けた。
 酒井は2001年に「百獣戦隊ガオレンジャー」でガオブラック/牛込草太郎役で出演。和歌山~は“ヒーローショーの西の聖地"とされるがコロナ禍で19年12月から公演を見合わせ。そこで酒井が立ち上がった。
 公演は「機界戦隊ゼンカイジャーVS百獣戦隊ガオレンジャー スペシャルバトルステージ」(11月3日までに15日間)。酒井は公演後「(20年前に出演した)あの時の感覚を思い出しながら見ていました」と話した。続けて「ひたむきな汗はオリンピックもヒーローショーも同じ。たくさんの皆さんに見ていただけるように広めていきたい」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ