本文へ移動

白血病公表した元広島の北別府学さんが一時帰宅していた「無菌室で良い数値に」

2020年2月24日 22時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北別府学さん

北別府学さん

 1月に白血病を公表ししていた元広島投手で野球解説者の北別府学さん(62)が24日、自身のブログで先週末に一時退院していたことを明かした。
「無菌室で良い数値になりこの週末、一時帰宅出来ました! 家のベッドに寝たり外出はできなくても家族と食卓を囲むとか庭に出てぼっーとするとか時間とはこんなにあっという間に過ぎてしまうんだと感じたこの週末でして」とつづり、同日に化学療法を開始したことも公表した。
 プロ野球はオープン戦たけなわとなり、「キャンプ視察に行けないのは致し方ない。別に悔しくはないと思ってきましたが、やはりオープン戦が始まるにつけムズムズしてきた」とし、現場から遠ざかっている寂しさも訴えた。

 北別府さんは広島のエースとして通算215勝をマーク。今年1月20日にブログで「成人T細胞白血病」を発症し、闘病していることを公表した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ