本文へ移動

並木月海メダル確定 リオ銅撃破、ボクシング今大会2個目【東京五輪・女子フライ級】

2021年8月1日 17時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フライ級準決勝進出を決め、笑顔を見せる並木月海

女子フライ級準決勝進出を決め、笑顔を見せる並木月海

◇1日 東京五輪 女子ボクシングフライ級準々決勝(国技館)
 並木月海(つきみ、22)=自衛隊=がリオ銅メダリストのイングリット・バレンシア(32)=コロンビア=を5-0の判定で下し、準決勝に進出した。この競技は3位決定戦が行われないため銅メダル以上が確定した。
 女子ではフェザー級の入江聖奈(せな、20)=日体大=の銀メダル以上が決まっており、入江聖奈に続き2個目のメダルとなる。
 並木は千葉県出身。もともと空手、キックボクシングをやっていた。総合格闘家の那須川天心(22)とは幼なじみ。大会中、その那須川からはツイッターで「いつも通りで」と激励された。
 ボクシングは中学時代に内山高志(元世界王者)の試合を見て始めた。軽快なフットワークを武器にする並木は、いつも通りのボクシングでこのまま頂点を目指す。
   ◇   ◇
 ▼並木月海(なみき・つきみ) 1998年9月17日生まれ。千葉県出身。153センチ。中学時代にボクシングをはじめ埼玉・花咲徳栄高を経て自衛隊へ。2018年世界選手権銅メダル。19年世界選手権ではベスト8。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ