本文へ移動

前日3失点の日本ハム斎藤佑樹が1軍唯一のブルペン入り…登板予定の2軍教育Lへ「気持ち切り替える」

2020年2月25日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習する日本ハムの斎藤佑樹投手

ブルペンで投球練習する日本ハムの斎藤佑樹投手

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が1軍名護キャンプ最終日の25日、投手陣で唯一ブルペン入り。捕手を座らせて15球の投球練習を行った。

 今年のオープン戦初登板だった24日のDeNA戦(名護)で3イニング4安打3失点と結果を残すことができなかった斎藤は、約30球の立ち投げで肩を温めた後、武田勝投手コーチ(41)が動画で撮影する中、直球やカーブを投げ込んでいった。

 フォームのバランスを考えて練習したという斎藤はDeNA戦での投球について、「結果を求めていた」とコメント。吉田輝や浦野、難波とともに27日に2軍へ合流することが発表された右腕は、登板予定とされている3月4日の2軍教育リーグ・巨人戦(ジャイアンツ)へ「気持ちを切り替えられたら」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ