本文へ移動

松山英樹は4位タイに後退し後半へ 残り9ホールでの逆転金メダルにかける【東京五輪・男子ゴルフ】

2021年8月1日 13時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

◇1日 東京五輪 ゴルフ男子最終ラウンド(埼玉・霞ケ関カンツリー倶楽部=7447ヤード・パー71)
 首位と1打差の2位でスタートした松山英樹(29)=レクサス=は前半9ホールを終わって2バーディー、1ボギーの通算14アンダーで4位タイに後退した。7番は4メートル、9番では2メートルのバーディーパットを沈めた。
 世界ランク5位のザンダー・シャウフェレ(米国)はスコアを4つ伸ばし、通算18アンダーで単独トップを快走。星野陸也(25)は5バーディー、ボギーなしの66で回り、通算6アンダーでホールアウトした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ