本文へ移動

新たな梵鐘、大きく響け 最澄没後1200年、揖斐川・横蔵寺が整備

2021年8月1日 05時00分 (8月1日 12時07分更新)
設置場所に搬入された横蔵寺の新たな梵鐘=揖斐川町谷汲神原で

設置場所に搬入された横蔵寺の新たな梵鐘=揖斐川町谷汲神原で

  • 設置場所に搬入された横蔵寺の新たな梵鐘=揖斐川町谷汲神原で
  • 新調された医王橋で法要を営む坂本住職=揖斐川町谷汲神原で
 揖斐川町谷汲神原の両界山横蔵寺が、新しい梵鐘(ぼんしょう)を整備している。寺を創建したとされる天台宗の開祖・最澄の没後千二百年に合わせ、製造会社が「二、三年に一度注文があるかないか」という大型の鐘を鋳造。年内の設置完了を目指して作業を進めている。 (山本拓海)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧