本文へ移動

古代の多治見探る 市文化財保護センター企画展

2021年8月1日 05時00分 (8月1日 12時12分更新)
展示品を紹介する篠さん=多治見市文化財保護センターで

展示品を紹介する篠さん=多治見市文化財保護センターで

  • 展示品を紹介する篠さん=多治見市文化財保護センターで
  • 虎渓山1号古墳から出土した大刀や剣=多治見市文化財保護センターで
 焼き物の町として知られる多治見。そんな多治見だが焼き物が作られる以前はどんな土地だったのか−。多治見市旭ケ丘の市文化財保護センターは、市内で焼き物が作られるようになる八世紀より前に造られた市内外の古墳や集落遺跡の出土品を集めた企画展「古代の多治見−古墳と集落遺跡」を開いている。さまざまな地域との交流を示す出土品が当時の多治見の姿を映し出す。 (脇阪憲)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧