本文へ移動

男子400メートルメドレーリレーは3分29秒91の日本新記録も6位2大会ぶりのメダル獲得ならず【東京五輪競泳】

2021年8月1日 11時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子400メートルメドレーリレー決勝を終え、最終泳者の中村克(右下)を迎える(上右から)入江陵介、武良竜也、水沼尚輝

男子400メートルメドレーリレー決勝を終え、最終泳者の中村克(右下)を迎える(上右から)入江陵介、武良竜也、水沼尚輝

◇1日 東京五輪競泳男子400メートルメドレーリレー決勝(東京アクアティクスセンター)
 男子400メートルメドレーリレーは決勝が行われ、日本は3分29秒91の日本新記録で6位に入賞。2012年のロンドン五輪以来、2大会ぶりのメダル獲得はならなかったが、堂々のレースで競泳全種目の大トリを飾った。
 男子は30日の予選を3分32秒02の全体5位で通過した。決勝には、予選と同じ入江陵介(31)=イトマン東進、武良竜也(25)=ミキハウス、水沼尚輝(24)=新潟医療福祉大職員、中村克(27)=イトマン東進=の4人が登場。メダル獲得こそならなかったが、自国開催の五輪で目いっぱいの力泳を見せた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ