本文へ移動

巨人・岡本和真がうっとり舌鼓…「食堂のメロンを熟したものに」と契約更改で珍要求し、浜松市の生産者が差し入れ

2020年2月29日 16時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
贈呈されたメロンを味わう巨人・岡本和真

贈呈されたメロンを味わう巨人・岡本和真

 巨人の岡本和真内野手(23)に29日、ヤクルトとのオープン戦(東京ドーム)前にメロンに舌鼓を打った。岡本は昨年の契約更改の席で球団側に「(東京ドームの)食堂のメロンが硬いので、ちゃんと熟したものにしてほしい」と珍要求。それを知った浜松市のヒノン農業が自信作「天使音(あまね)」(2万円相当)を球団に24玉差し入れた。試合前に切り分けられたメロンをほおばった岡本は「うめぇー。柔らかいッス」と満面の笑みを浮かべた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ