本文へ移動

混合団体銀で高藤直寿の闘志着火「この借りは返します!」 パリ五輪へ意欲【東京五輪柔道】

2021年7月31日 23時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子60キロ級金メダルの高藤直寿

男子60キロ級金メダルの高藤直寿

 東京五輪柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿(28)=パーク24=が31日、自身のツイッターを更新。応援に感謝するとともに、3年後のパリ五輪出場への意欲を見せた。
 高藤は柔道競技初日の24日に出場し、金メダルを獲得。男子5階級金メダル獲得に弾みをつけた。31日で柔道は全日程が終了し「みなさん8日間本当に応援ありがとうございました 沢山の応援のお陰で頑張る事ができました!」と感謝の言葉をつづった。
 最終日の混合団体は銀メダル。高藤の出場はなかったが「自分は団体戦に出場していませんがこの借りは『パリ』で返します!」と雪辱を誓うとともに、3年後のパリ五輪への意欲をみせた。
 フォロワーからは「高藤選手から始まった柔道ニッポン最高でした!」「高藤さん、体を休めてくださいね」と日本勢の活躍を喜んだり、高藤をいたわったりする声があったほか「借りはパリで、合言葉になりそうですね!」という声もあった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ