本文へ移動

4強進出の日本・森保監督「結果を出すという強い気持ち」選手のメンタル面を高評価【東京五輪・男子サッカー】

2021年7月31日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―ニュージーランド 前半、試合を見つめる森保監督

日本―ニュージーランド 前半、試合を見つめる森保監督

◇31日 東京五輪 サッカー男子準々決勝 日本0-0(PK4―2)ニュージーランド(カシマスタジアム)
 日本は準々決勝でニュージーランドと戦い、0-0からのPK戦の末に勝った。日本の4強入りは2012年のロンドン大会以来。8月3日の準決勝でメダル確定をかけ、スペインと対戦する。
     ◇
 日本が攻めあぐねたのは事実だが、ニュージーランドの健闘も光った。「本当にいいチームで粘り強く戦ってきた」と相手をたたえた森保一監督(52)。それでも日本が勝った要因については、「オリンピックで結果を出すという強い気持ちを持って戦い抜いてくれた」と選手のメンタル面を高く評価した。
 次は準決勝。「一丸となって最後まで戦い抜くということをチームで共有して、勝って決勝に進みたいと思う」と、1968年メキシコ大会の銅メダルを超える偉業達成を誓った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ