本文へ移動

陸上男子100m 日本勢予選敗退に「4×100mリレー期待しています!」励まし続々

2021年7月31日 21時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子100メートル予選 ゴール後、タイムを確認する山県亮太

男子100メートル予選 ゴール後、タイムを確認する山県亮太

◇31日 東京五輪 陸上男子100メートル予選(東京・国立競技場)
 男子100メートル日本記録保持者で3大会連続出場の山県亮太(29)=セイコー=は10秒15(追い風0・1メートル)で3組4着。無条件で準決勝に進出できる組3位以内に入れず、各組4着以下の記録上位3人にも0秒03届かなかったため、自身初の予選敗退。五輪初出場の多田、小池も敗退した。
 これに対し、ネット上では「お疲れさまでした。4×100mリレーを期待しています!」「山縣選手、多田選手、小池選手はリレーで本来の走りを見せてくれると思います」と8月5日の4×100メートルリレー予選での活躍を期待する声が続出。
 ほかにテレビ中継で、山県が予選敗退したにもかかわらず、両親と中継をつないだことに対して「勝った時の喜びのインタビューなら良いけど」「最初から中継繋ぐ予定でいたと思うけど、もう少し状況に応じた臨機応変な対応をしてほしかった」と疑問を呈する声も上がった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ