本文へ移動

中日・近藤真市スカウト「甲子園に行ってほしいという思いで…」母校・享栄の戦いをOBとしての目でも見つめた【高校野球愛知大会】

2021年7月31日 21時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
母校が出場する愛知大会決勝を見守る中日の近藤スカウト

母校が出場する愛知大会決勝を見守る中日の近藤スカウト

◇31日 第103回全国高校野球選手権愛知大会決勝 愛工大名電8―5享栄(岡崎市民)
 享栄OBで中日の近藤真市スカウト(52)が、岡崎市民球場で母校の準優勝を見届けた。
 近藤スカウトは東海地区担当で決勝をスタンドから見守った。「甲子園に行ってほしいという思いで見させてもらいました」とこの日はスカウトとしてだけでなく、享栄OBとしての目でもグラウンドを見つめた。
 試合は5回に一挙6失点。9回に粘りをみせて3点差に追いつくもあと一歩及ばずに準優勝に終わった。26年ぶりの夏の甲子園には届かなかったが、「今できることをやった結果だと思います。決勝までよく行き、頑張ったと思います」と後輩たちをねぎらった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ