本文へ移動

無観客じゃなきゃボルテージは最高潮だったはず…西武の中村剛也が初の1番で初球、初スイング、初先頭打者弾

2020年3月3日 13時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇3日 オープン戦 中日ー西武(ナゴヤ球場)

  ファンがいたらさぞかし盛り上がったことだろう。おかわり君こと、西武・中村剛也内野手(36)がど派手な復帰弾を放った。3日のオープン戦中日戦(ナゴヤ)に野球少年のころから経験がないという「1番・指名打者」で出場。そんな初体験におのずとテンションが上がった。
 
 プレイボールの第1打席。中日・吉見の初球、137キロを振り抜くと打球は左中間フェンスを軽々越えた。右ふくらはぎ痛からの復帰戦で初球、ファーストスイングで自身初の先頭打者弾。千両役者ぶりを見せつけ、昨季のパ・リーグ打点王が復活への一歩を踏み出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ