本文へ移動

松山英樹、マスターズとの「2冠」へあと一歩!会場の霞ケ関CCではアマ時代に2勝【東京五輪ゴルフ】

2021年7月31日 19時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹

松山英樹

◇31日 東京五輪 ゴルフ男子第3日(埼玉・霞ケ関カンツリー倶楽部)
 マスターズとの「2冠」まであと一歩だ。男子の第3日は30日に順延となった第2ラウンドの残りと第3ラウンド(7447ヤード、パー71)が行われ、4月のマスターズ・トーナメントを制した松山英樹(29)=レクサス=が第3ラウンドで5バーディー、1ボギーの67と伸ばし、通算13アンダーで首位と1打差の2位につけた。グリーンジャケットに続き、金メダルも手にすることができるか。米ツアー通算4勝のザンダー・シャウフェレ(米国)が首位。星野陸也(25)は73で回り、通算1アンダーで46位だった。
  ◇  ◇  ◇
 松山はアマチュア時代、今回の東京五輪会場となっている埼玉・霞ケ関CCで開催された大会で2勝を挙げている。高知・明徳義塾高3年だった2009年8月の日本ジュニア選手権男子15~17歳の部では、2位に4打差をつけ3日間競技で完全優勝。大会には時松隆光(当時は源蔵)、浅地洋佑、川村昌弘、堀川未来夢らが出場した。東北福祉大1年だった10年10月のアジアパシフィック・アマチュア選手権では2位に5打差をつけて優勝し、翌年のマスターズへの出場権を獲得。日本人のアマチュアとして初めてオーガスタに挑んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ