本文へ移動

【中日2軍】土田龍空、プロ入り初の3安打で3打点!「こちらが思うような打撃を…」仁村2軍監督が期待

2021年8月1日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回無死二、三塁から中堅へ2点適時二塁打を放つ土田

7回無死二、三塁から中堅へ2点適時二塁打を放つ土田

◇31日 ウエスタン・リーグ 中日8ー4広島(ナゴヤ)
 中日のドラフト3位ルーキー・土田龍空内野手(18)がウエスタン・リーグの広島戦(ナゴヤ)に「9番・遊撃」で先発出場し、プロ入り初の3安打を放ち、3打点の活躍でアピールした。試合は中日が8―4で勝利。連敗を4で止めた。
     ◇
 6―4と2点差に詰め寄られて迎えた7回無死二、三塁の好機だ。2番手・山口の143キロ直球を捉えた土田の打球は中堅右へ。走者2人をかえし、試合を決定付ける一打となった。
 「近いところだけを待って思い切って行けました」と土田。打席に入る前に波留2軍打撃コーチから「内角を狙って行け」と耳打ちされ、結果に結び付けた。
 4回には中前打、5回2死一、三塁では遊撃への適時内野安打を放っており、プロ入り初の1試合3安打となった。
 仁村徹2軍監督(59)は「こちらが思うような打撃をしてくれる。あとはパワーアップして、一回りも二回りも大きくなっていってほしい」と期待を込めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ