本文へ移動

内田樹さん、コロナ陽性者4000人超えで「『間違いを認めたら死ぬ病』の蔓延の方がもたらす被害は大きそう」

2021年7月31日 18時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹さん

内田樹さん

 フランス文学者、武道家の内田樹さん(70)が31日、自身のツイッターに新規投稿。この日確認された東京都の新型コロナウイルス陽性者が、1日としては初めて4000人を超えたことを踏まえ、感染拡大阻止には間違いを認めた上で策を改める必要があると指摘した。そのためには、間違ったことを認めやすい環境が必要だと主張した。
 陽性者数はすぐに5000人を超えると予測し、それでも政府は感染拡大は五輪と無関係で感染対策は万全だなどと主張すると予想。「Covid-19よりも『間違いを認めたら死ぬ病』の蔓延の方がもたらす被害は大きそうです」とつづった。
 予測が外れたことを認められる環境が必要だとし「『人間は誰でもよく間違える』ということを全員が認めて、他人が間違えても『鬼の首でも取ったような侮蔑的な態度』をとらないという節度がどうしても必要です」「間違いを認めてもらうためには『そうしても誰からも屈辱感を与えられない』という保証が必要なんです」などと、重ねて自説を述べた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ