本文へ移動

”コスメ番長”21歳吉田優利が逆転でプロ初V!イニエスタが表彰式サプライズ登場で「すごいビックリ」【女子ゴルフ】

2021年7月31日 17時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終日、16番で第2打を放つ吉田優利

最終日、16番で第2打を放つ吉田優利

◇31日 女子ゴルフ 楽天スーパーレディース最終日(兵庫県加東市・東急グランドオークGC)
 首位と1打差2位からスタートした吉田優利(21)=エプソン=が後半の5連続を含む8バーディー、2ボギーの66をマーク、通算18アンダーまで伸ばして逆転でツアー初優勝を飾った。3打差の15アンダー2位に比嘉真美子(27)=TOYO TIRE=と高橋彩華(23)=東芝、東京五輪代表の稲見萌寧(22)=都築電気=はノーボギー66のチャージを見せて12アンダーで9位フィニッシュ。渋野日向子(22)=サントリー=は7アンダーで29位だった。
     ◇
 女子ゴルフ界の“コスメ番長”こと吉田が、鮮やかな逆転劇で念願のプロ初勝利をつかんだ。
 1打を追う立場でスタートしながら、2番でボギーを先行。しかし「スコアが動くことは何かのきっかけになる、と捉えている」との言葉通り、続く3番から3連続バーディーを決めて再び首位ににじり寄ると、勝負の後半でため込んできたエネルギーをさく裂させた。
 12番から2メートル、5メートル、3メートル、3メートル、1メートルとショットをビタビタとピンに絡め、得意のパットで仕留めて「初めて」の5連続バーディー奪取。一気に勝負を決めた。涙はなしのさわやか初V。「今まで何度もテレビで見てきた光景の中に自分がいるんだ、と思った。もっと、優勝して泣けるようになるまで練習したいなと思います」と話した。
 表彰式ではサプライズでサッカー界のスーパースター、イニエスタ(J1神戸)がプレゼンターとして登場。「すごいビックリしました。こんな時にあんな素晴らしい選手に会えるなんて。オメデトウといってもらいました」と感激した。
 毎日体重と体脂肪を測定し、体調管理からプロとしての自身を律する21歳。「課題はパーオン率の向上。大変な数字だということはわかっていますが、目標は80%です。それを実現できたら、得意のパッティングがもっと生かせる」と吉田。もちろん、大好きなコスメの研究も怠らない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ