日本ハム・宇佐見、開幕マスクへ強打でアピール

2020年3月5日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏、右越えに2点三塁打を放つ日本ハム・宇佐見

6回裏、右越えに2点三塁打を放つ日本ハム・宇佐見

  • 6回裏、右越えに2点三塁打を放つ日本ハム・宇佐見

◇オープン戦 日本ハム7-7巨人

 巨人は4番の岡本が2安打2打点で6試合連続安打をマークした。先発ローテーション入りを目指す田口は5イニング2失点。日本ハムはバーヘイゲンが制球に苦しみ5回途中まで4失点。正遊撃手を狙う石井は3安打2打点だった。
    ◇
 指揮官へのアピールに成功した。日本ハムの先発マスクをかぶった宇佐見が強打をみせた。5回に二塁強襲の右前適時打を放つと、6回2死一、二塁からは右翼へ2点適時三塁打。昨季途中まで在籍した古巣との対決で2安打3打点だ。
 「今日はリードで点を取られてしまった。打って点を取り返したいと思う中で、適時打を打つことができたのはよかったと思っています」
 3日にライバルの清水が2ランを放つなど攻守で活躍。「開幕マスクは自分だ」と決意する宇佐見としては、アピール合戦で負けるわけにいかなかった。激しさを増す正捕手争いに栗山英樹監督(58)も「チャンスに向かってやってくれることを信じていますから」と目を細めるばかりだった。 (川越亮太)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ