本文へ移動

侍ジャパン連勝で1位通過 韓国ー米国の勝者と2日準々決勝 山田4打点、メキシコに快勝【東京五輪】

2021年7月31日 15時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―メキシコ 4回表、3ランを放ち、笑顔を見せる山田

日本―メキシコ 4回表、3ランを放ち、笑顔を見せる山田

◇31日 東京五輪 野球1次リーグA組 メキシコ4ー7日本(横浜スタジアム)
 日本は機動力や一発を絡めた攻撃で、メキシコに逆転勝ち。2連勝で1次リーグ首位通過で、2日の準々決勝進出を決めた。対戦相手は、この日夜に行われるB組・韓国―米国の勝者となる。
 日本は同点の3回。先頭の坂本の左翼線二塁打から1死一、三塁とすると、浅村のボテボテの投ゴロで三走・坂本が頭から滑り込んで勝ち越した。4回には山田が「ホームランという最高の結果を出せて良かった」と自画自賛の左翼席へ3ランを放ち、7回には坂本の左越えソロで追加点。8回にも再び山田が中前適時打で7点目を奪った。
 先発・森下は1回に先制点を許しながらも、5イニング5安打2失点と粘投。2番手のルーキー伊藤も初登板で2イニング無失点の好投を見せるなど、今後へ向けての収穫もあった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ