本文へ移動

坂本勇人が鮮やかソロ本塁打で追加点 山田との1、2番コンビが一発競演【東京五輪・侍ジャパン】

2021年7月31日 14時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―メキシコ 7回表無死、坂本が左越えソロを放つ

日本―メキシコ 7回表無死、坂本が左越えソロを放つ

◇31日 東京五輪 野球1次リーグA組 メキシコ―日本(横浜スタジアム)
 日本の坂本勇人内野手(32)が第4打席で左越えソロ本塁打。鮮やかな一振りで、チームに追加点を呼び込んだ。
 5―2の7回、先頭で打席へ。代わったばかりのメキシコ5番手左腕・バニュエロスに対し、フルカウントからの7球目、得意の内角ストレートを腕をたたんで振り抜き左翼スタンドに運んだ。
 坂本は前の打席までは勝ち越しの起点となる二塁打など3打数1安打。4回の山田のチーム1号に続く一撃で、侍の1、2番コンビが一発競演でリードを4点に広げた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ