本文へ移動

大谷翔平のトレード話もあったのか!? 記者らの質問にミナシアンGMの答えは…【MLB】

2021年7月31日 13時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トレード話は…?(AP)

トレード話は…?(AP)

◇30日(日本時間31日)MLB エンゼルス―アスレチックス(アナハイム)
 大谷翔平(27)は「2番・DH」でスタメン出場。2打席凡退後、6回の第3打席で中前安打。直後に二盗を試みたが、今季6度目の失敗で16個目の盗塁はならなかった。
 エンゼルスのミナシアンGMは3回表、中継局BSウエストの試合中インタビューに出演。この日はトレード期限で、ワルツ・アナウンサーは「奇妙なトレード話が舞い込むのは承知していますが、まさか他球団から『打って投げられる選手のトレードは可能か?』なんて質問はなかったですよね」と切り込んだ。
 同GMは苦笑しつつ、明答を避けた。「トレード期限の一環としてみんなが電話してくるが、自分にとって特定のトレードは他のよりも難しい。いま誰の話をしているのかは理解しているが、私は全てに対してオープンな姿勢でいる。実現する可能性が1%あるのならば、独創性が全てだと思っている身としては、他球団のアイデアを熟考する」
 このコメントを受け、ジ・アスレチックのブラム記者は「大谷を獲得できる交換要員の組み合わせを持ち合わせているチームは存在するのか? それはいい質問だが、自分としてはノーと答える」とツイートした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ