本文へ移動

侍ジャパン坂本、魂のヘッスラ!メキシコから勝ち越し点奪う【東京五輪】

2021年7月31日 13時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―メキシコ 3回表1死一、三塁、浅村の投ゴロの間にヘッドスライディングで生還する坂本

日本―メキシコ 3回表1死一、三塁、浅村の投ゴロの間にヘッドスライディングで生還する坂本

◇31日 東京五輪 野球1次リーグA組 メキシコ―日本(横浜スタジアム)
 坂本の脚を生かして勝ち越した。日本はスコア1―1の3回、1死一、三塁から浅村の内野ゴロの間に、三走・坂本が勝ち越し点をもぎ取った。
 3回、先頭の坂本が左翼線二塁打で出塁。相手の三ゴロ失策で無死一、二塁とチャンスを拡大すると、坂本は鈴木の中飛で三塁へ。1死一、三塁から浅村のボテボテの投ゴロでスタートを切り、相手投手が打球をつかみ損ねたこともあって、勝ち越しのホームに頭から滑り込んだ。
 この回ヒットは1本のみと何とも泥くさい形ながら、貴重な1点。2回に続く得点でリードを奪った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ