本文へ移動

廃家電でメダル、努力の結晶 豊橋「紅久商店」、プロジェクト結果報告

2021年7月31日 05時00分 (7月31日 11時17分更新)
東京五輪のメダルの見本を手にする三浦社長=豊橋市神野新田町で

東京五輪のメダルの見本を手にする三浦社長=豊橋市神野新田町で

  • 東京五輪のメダルの見本を手にする三浦社長=豊橋市神野新田町で
  • 破砕された小型家電=豊橋市神野新田町で
 携帯電話やパソコンといった小型家電に含まれる金属を再資源化し、東京五輪のメダルを作るプロジェクトに参加した豊橋市神野新田町のリサイクル会社「紅久(べにきゅう)商店」が日本勢のメダルラッシュに沸いている。三十日に同社で結果報告会があり、三浦裕司社長(60)は「地味で泥くさい社員の努力がメダルになったと思うと感慨深い」と話した。 (斎藤徹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報