本文へ移動

衛藤「今日が最後」 男子走り高跳び

2021年7月31日 05時00分 (7月31日 05時02分更新)
男子走り高跳び予選 2メートル25に挑戦する衛藤昂

男子走り高跳び予選 2メートル25に挑戦する衛藤昂

 男子走り高跳びの衛藤=三重県出身=は自己ベストから9センチ低い2メートル21にとどまった。30歳で迎えた今大会を集大成と位置づけており「選手としてピットに立つのは今日が最後の気持ちでいる」と一線を退く意向を示した。
 五輪出場権を得るために春先から調子を上げたため、再びピークをつくるのが難しかったという。戸辺とともにこの種目を引っ張ってきた。「本音を言えばもっと跳びたかったけど、今日出せる力は出せたんじゃないかな。自国開催の五輪に出られたことはすごく幸せだった」とさばさばとした表情を浮かべた。
PR情報

東京五輪の新着

記事一覧