本文へ移動

渡辺・東野、戦術の銅 香港組の強打逆手に

2021年7月31日 05時00分 (7月31日 05時02分更新)
混合ダブルス3位決定戦で香港のトウ、謝組を破った渡辺(右)、東野組=今泉慶太撮影

混合ダブルス3位決定戦で香港のトウ、謝組を破った渡辺(右)、東野組=今泉慶太撮影

 上背のある香港ペアの強打を逆手に取るような、したたかな渡辺、東野組の戦いぶりだった。思い切りスマッシュを打たれても、それが向こうの失点となる配球。「内容は決して良くなかった。最後は気持ちのぶつかり合いだった」。そんな渡辺の言葉とは裏腹に、巧みな戦術で流れを離さなかった。
 空調の関係で風上側のコートだった第1ゲームは、思い切り攻めて風にシャトルを乗せた。注目は風下側に回った第2ゲーム。低いショットでラリーを組み立て、高い軌道で相手を奥に下げるクリアをほとんど使わなかった。甘くなった球を打ち下ろされるリスクを避けるだけでなく、別の狙いも見え隠れした。
 低い球筋は強打したとしても、角度のあるスマッシュは打てない。コートに対して角度が浅くなることで飛距離も伸びてしまい、風上の相手にとってはアウトになりやすくなる。実際に第2ゲームで渡辺、東野組が積み重ねた23点のうち、4分の1以上が相手の後方のアウトだった。
 福島・富岡第一中(現・ふたば未来学園中)で組み始めて、もう10年以上になる。互いにパートナーの特徴や性格を知り尽くしているから、大舞台でもぴったり息が合って戦術もはまった。1学年上の東野...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

バドミントン(五輪)の新着

記事一覧