本文へ移動

緊急事態宣言拡大…医療崩壊、そのとき菅首相に辞職の覚悟はあるのか 会見見た人から「最後に忖度なき質問が出た」の声

2021年7月30日 23時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
菅義偉首相

菅義偉首相

 全国の新型コロナウイルス新規感染者が1日1万人を超え、すでに緊急事態宣言が発出されている東京、沖縄のほか、8月2日からは神奈川、埼玉、千葉、大阪の4府県にも拡大されることが決まった30日夜、菅義偉首相は官邸で緊急の記者会見に臨んだ。
 会見の最後に「(デルタ株に対する)甘い根拠なき楽観主義のもとで五輪を開催していることが感染を引き起こしているのではないか。感染の波が止められず、医療崩壊して救うべき命が救えなくなったときに総理の職を辞する覚悟はあるか」と問われた菅首相は、これまでの水際対策や五輪選手団入国時のレーン分けなどを説明。答えに納得のいかない記者がマイクを使わず異例の問い掛けをすると「私が感染対策を自分の責任のもとに、しっかり対応することが私の責任で、私はできると思っています」と断言して会見場を去った。
 質問した英国軍事誌東京特派員の高橋浩祐さんは自身のツイッターで「残念ながら、菅首相には辞職の覚悟がないことがわかりました。『感染を防止できないなら辞職する!』ぐらいの強い覚悟を聞きたかった」とツイートした。
 ツイッターでは「首相会見」がトレンドワードとなり「最後に忖度なき質問が出た」「あのー菅総理がちょっと何言ってるか分からないので、記者が聞き直すの当然だと思います。答弁がダメなのに『追加の質問はお控えください』っていうのやめてください司会の人」「まあ何というか、記者会見でも、電話でも、G7などの外交の場でも、人と人との対話が出来てない」などのコメントが寄せられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ