本文へ移動

RAMPAGE吉野北人 主演の連ドラ「丸亀製麺」全面協力で本編内うどんも監修

2021年7月31日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「トーキョー製麺所」のキャストら。(左から)江上敬子、奥野壮、吉野北人、柳俊太郎、秋田汐梨

「トーキョー製麺所」のキャストら。(左から)江上敬子、奥野壮、吉野北人、柳俊太郎、秋田汐梨

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE」の吉野北人(24)が、9月にスタートするオリジナルドラマ「トーキョー製麺所」で地上波の連続ドラマに初主演することが30日、分かった。MBSで火曜深夜0時59分、TBSで同深夜1時28分枠で放送。全国向けに動画サービス「TVer」でも配信する。
 ドラマは、ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」で働く5人の男女、“麺戦士”たちの奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描く。吉野が演じる主人公・赤松幸太郎は元ホテルマンを名乗り、ポマードヘアにちょうネクタイ姿で店長が不在となった店舗の新店長としてやってくる。
 ホテルのような丁寧な接客を開始し、店は大混乱。いら立ちを覚えるスタッフたちを横目に、どこか憎めない人柄と鈍感力で、トーキョー製麺所で起こるさまざまな局面に奮闘し、予想外の展開へと導いていく。ほかの店員役に栁俊太郎(30)、奥野壮(20)、秋田汐梨(18)、お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子(36)ら。
 讃岐うどん専門店「丸亀製麺」が全面協力し、キャストが実際にトレーニングを受けて撮影に挑むほか、実際の店舗や器具を使用。本編内のうどんも丸亀製麺が監修している。
 吉野は「初のドラマ主演と役柄の濃さに戸惑う部分はありましたが、僕なりに赤松らしさを表現できたのではないかと思います。何かをたくらんでいて、真っすぐで熱くて頑固なところもありつつ不器用で抜けているところもあり、いまいちつかめない男ですが、視聴者の皆さまに回を重ねるごとに愛していただければうれしいです!」とアピールしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ