本文へ移動

なでしこ田中 悔しさで唇震わせる 2年後のW杯は「今はまだ正直、考えられない」【東京五輪】

2021年7月30日 22時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―スウェーデン 後半、シュートを放つ田中(中央)

日本―スウェーデン 後半、シュートを放つ田中(中央)

◇30日 東京五輪 サッカー女子準々決勝 日本1―3スウェーデン(埼玉スタジアム)
 FW田中美南(27)は2戦連発も追加点を挙げられず、悔しさで唇を震わせた。1点ビハインドで迎えた前半23分、右サイドからのクロスに左足を伸ばしてゴールネットを揺らした。だが、スウェーデンの高さと速さに屈し、東京五輪は8強で終わった。田中は「正直、この大会に懸けていた思いがあって。今はまだ2年後(のW杯)は、正直、考えられない。こういう苦しい時にどんな形でもゴールを取り続けるFWになるしかない」と、悔しさをかみ締めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ