本文へ移動

【サッカー】武藤嘉紀、ニューカッスルからJ1神戸に加入へ 年俸2億円超複数年の破格契約

2021年7月31日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤嘉紀

武藤嘉紀

 サッカーのイングランド、プレミアリーグのニューカッスルに所属する元日本代表のFW武藤嘉紀(29)がJ1神戸に加入することが31日、決定的となった。複数の関係者が明らかにした。メディカルチェックなどを経て、近く正式契約を結ぶとみられる。
 武藤はFC東京の下部組織出身で、慶大在学中の2014年にプロ契約を結ぶと、プロ1年目から13ゴールを挙げ、その年のベストイレブンも受賞。翌年夏にはチェルシー(イングランド)をはじめ、欧州の強豪クラブから複数のオファーが届き、その中からドイツ1部のマインツを選択して移籍した。
 18年夏にはニューカッスルへ完全移籍したが定位置を確保できなかった。昨季はスペイン1部のエイバルへと活躍の場を求めて期限付き移籍したが、出場26試合で1得点にとどまった。現在は、契約が残るニューカッスルのトレーニングに参加している。
 そんな武藤に対し、渡欧後も動向を注視してきた、古巣・FC東京は復帰に向け、いち早くラブコールを送った。一方、神戸も今夏、J1で15得点を挙げ得点ランク首位だった、エースのFW古橋亨梧(26)をスコットランド1部のセルティックに放出する中、新たな得点源として武藤に白羽の矢を立てた。
 最終的には、神戸が年俸2億超の複数年という破格契約を提示。FC東京との獲得競争をマネーゲームで押し切った。日本代表復帰を目指す武藤は、元スペイン代表MFイニエスタら多士済々が集う神戸で再起を図るもようだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ