本文へ移動

「苦しみもがきながら抑えることも必要」 日本ハム1位左腕・河野、リード守れず苦投でも首脳陣は評価

2020年3月11日 20時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ戦に登板した日本ハム・河野

ロッテ戦に登板した日本ハム・河野

◇11日 オープン戦ロッテ3-3日本ハム(ZOZOマリン)

 3番手で7回に登板した日本ハムドラフト1位左腕・河野竜生投手(21)=JFE西日本=が苦投を強いられた。この日はパ・リーグのチームとの初対戦。7回と8回は無失点に抑えたものの、9回は自身と同じルーキーの福田光(法大)のソロ本塁打などで2失点して、リードを守れなかった。「ちょっと修正しなければいけないところもある」と投球を振り返った河野について、首脳陣は同点で試合を締めたことを評価。厚沢ベンチ兼投手コーチは「自分でかたをつけたから。苦しみもがきながら抑えることも必要」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ