本文へ移動

【中日】根尾、今季2度目の遊撃で堅実な守備 打っては4打数1安打「しっかり振り抜くことができた」

2021年7月30日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回無死、右前打を放つ中日・根尾

1回無死、右前打を放つ中日・根尾

◇30日 ウエスタン・リーグ 中日4-5広島(ナゴヤ)
 中日・根尾昂内野手(21)が24日の阪神戦(鳴尾浜)以来、今季公式戦2度目となる「遊撃」で出場。3つのゴロやライナーを好捕するなど堅実な守備を見せた。
 打撃では1回に右前打、9回には四球で出塁し、4打数1安打。ゴロで一、二塁間を破る安打に「しっかり振り抜くことができた。ただ打球が上がっていないので、どうして打球が上がらなかったのか考えて反省したい」と振り返った。なお、31日の2軍戦では外野での出場を予定している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ