本文へ移動

日本女子は9~12位決定戦でケニアに敗れる 11~12位決定戦でブラジルと対戦へ【東京五輪ラグビー】

2021年7月30日 17時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
永田花菜(AP)

永田花菜(AP)

◇30日 東京五輪 ラグビー9~12位決定予備戦 日本17―21ケニア(味の素スタジアム)
 1次リーグ全敗の日本は17―21で五輪未勝利だったケニアに敗れた。今大会全敗の日本は31日の11~12位決定戦でブラジルと対戦する。
 日本は開始2分、2016年リオデジャネイロ五輪代表のSH山中美緒(25)=名古屋レディース=がタックルで相手ボールを奪い、WTB原わか花(21)=東京山九フェニックス=が左隅に今大会初トライ。その後、ケニアに2トライを奪われ5―14と逆転されて折り返した。
 それでも、日本は後半2分にBK永田花菜(21)=日体大=のキックから小出深冬(25)=アルカス熊谷=が右隅にトライ。FW梶木真凜(21)=自衛隊=がタックルで相手反則を奪うとPKから自分で飛び込み、17―14とリードした。
 しかし、試合は最後に暗転した。自陣に攻め込まれながら粘り強い防御で相手反則を奪い、スクラムからボールを蹴り出せば勝利というラストプレーでスクラムを押し込まれてボールを奪われると、そこからボールをつながれ、逆転トライを許した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ