本文へ移動

素根輝 銀メダル以上確定 合わせ技一本で決勝進出 柔道女子78キロ超級【東京五輪】

2021年7月30日 17時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子78キロ超級準決勝 アゼルバイジャンのイリーナ・キンゼルスカを攻める素根輝

女子78キロ超級準決勝 アゼルバイジャンのイリーナ・キンゼルスカを攻める素根輝

◇30日 東京五輪 柔道 女子78キロ超級(日本武道館)
 今大会が五輪初出場の素根輝(21)=パーク24=が準決勝で、イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)に3分4秒、合わせ技一本で勝利を収め、決勝進出を決めるとともに、銀メダル以上を確定させた。これで、日本柔道は24日の個人戦初日から全ての日程でメダルを獲得することになった。
 素根は今回の試合会場である日本武道館で行われた2019年の世界選手権で優勝し、今年に入ってからは3月のグランドスラム・タシケント大会を制している。
 初戦でラズ・ヘルシュコ(イスラエル)、続く準々決勝でカイラ・サイト(トルコ)をいずれも一本を取って下し、28日に行われた70キロ級の新井千鶴(27)=三井住友海上=、29日に行われた78キロ級の浜田尚里(30)=自衛隊=に続く3日連続の金メダル獲得へ向けて、準決勝へ進んでいた。
 女子78キロ超級は04年アテネ大会で塚田真希が優勝したが、08年北京大会からは金メダル獲得がなく、前回大会の16年リオデジャネイロ大会では山部佳苗が3位となった。素根は4大会ぶり2人目となる金メダル獲得を目指している。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ