本文へ移動

大谷翔平、まだ7月だぞ!37本塁打は既に外国出身選手でシーズン最多記録を更新していた!【MLB】

2021年7月30日 14時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アスレチックス戦の5回、二盗に成功したエンゼルス・大谷(AP)

アスレチックス戦の5回、二盗に成功したエンゼルス・大谷(AP)

◇29日(日本時間30日)MLB エンゼルス0―4アスレチックス(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は「2番・DH」でスタメン出場し、4打席で1打数無安打、3四球。5回は二盗を決め、今季15盗塁とした。試合は散発3安打で0―4と完封負けし、同地区の“天敵”アスレチックスに今季3勝10敗。
 中継局BSウエストによれば、大谷の37本塁打は、既に「米国と南米以外の出身選手でシーズン最多記録」を更新。2019年ツインズのマックス・ケプラー(ドイツ)の36本塁打を抜いていた。
 これに続くのは、1951年ニューヨーク・ジャイアンツのボビー・トムソン(英国)の32本塁打、そして04年ヤンキースの松井秀喜の31本塁打。
 また、同局は大谷のWAR7・0(投打の合計)はメジャートップで、シーズン同11・2ペースだと紹介した。WARは「同じポジションの代替可能選手に比べ、何勝を上積みできるか」を示すセイバーメトリクスの評価指数。
 これ以上のWARを記録した最後の選手は、筋力増強剤ステロイドを使用した02年ジャイアンツのバリー・ボンズ(11・7)までさかのぼる。投手では、後に殿堂入りしたペドロ・マルティネスが00年レッドソックスで11・7をマークしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ