本文へ移動

混合ダブルス日本勢初のメダルで「東野選手」「渡辺選手」がトレンド入り 歓喜の抱擁に感激の声「頭ポンポンカッコよかった~」【東京五輪バドミントン】

2021年7月30日 13時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
混合ダブルスで銅メダルを獲得し、笑顔を見せる渡辺(右)、東野組

混合ダブルスで銅メダルを獲得し、笑顔を見せる渡辺(右)、東野組

◇30日 東京五輪 バドミントン混合ダブルス3位決定戦(武蔵野の森総合スポーツプラザ)
 同種目で日本勢初のメダル(銅)を渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が獲得し、ツイッターで「東野選手」と「渡辺選手」がトレンド入りした。
 勝利した直後、渡辺はその場で倒れ込んで歓喜。立ち上がると、東野と抱き合った。ツイッターでは「直前までニッコニコなのにハグした瞬間泣き出した東野選手美しかった~頭ポンポンの渡辺選手カッコよかった~」「最後のハグ素敵だなあ」などと感激する声が相次いだ。
 日本勢のメダル候補が次々に敗退する中、つかみ取った銅メダル。「インタビューで言ってた遠藤選手と3人で取ったメダルっていうのがすごく素敵すぎて会社の会議室で号泣中」「大波乱のバドミントン、メダルをありがとう!!」などとツイートされた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ