本文へ移動

“絶対王者”テディ・リネールが消えた…準々決勝で敗れ3連覇ならず 原沢最大のライバル【東京五輪・柔道男子100キロ超級】

2021年7月30日 13時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リネール(左、AP)

リネール(左、AP)

◇30日 東京五輪 柔道 男子100キロ超級(日本武道館)
 波乱が起きた。2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと2大会連続でこの階級の金メダルに輝いた、テディ・リネール(32)=フランス=の3連覇が消えた。準々決勝でバシャエフ(ROC)に延長戦の末、敗れた。
 4分29秒に技ありを取られた。微妙な形でビデオ判定に持ち込まれたが、覆らず、リネールの負けとなった。
 この後は敗者復活に回り、銅メダルを目指すことになる。日本の原沢久喜(29)=百五銀行=は準決勝進出を決めている。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ