本文へ移動

日本シリーズ11・21開幕 中立ドーム開催 異例措置で全日程終了目指す

2020年3月18日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナゴヤドーム

ナゴヤドーム

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で20日予定だった開幕を延期しているプロ野球が、今季の日本シリーズをドーム球場限定で開催する構想が浮上した。日本野球機構(NPB)は17日、東京都内で12球団の営業担当者による日程再編の作業を完了。日本シリーズの11月21日開幕を想定した場合、出場球団に関わらず全7試合をドーム球場で開催するプランの検討に入っていることが明らかになった。
 異例の事態に対応するには、異例の措置が必要になる。日本シリーズを主催するNPBが、今季はドーム球場限定で実施するプランの検討に入った。場合によっては“中立球場”での集中開催の可能性もある。
 この日の営業担当者会議では4月10日以降の開幕に備え、4月中の「火曜日開幕」と「金曜日開幕」を想定した143試合の日程再編作業を完了した。東京五輪閉幕後の空白期間もフル活用。セ・リーグの杵渕統括は「11月中に(全日程が)終わる想定のシミュレーションはできました」と説明した。
 その一方、水面下で検討されているとみられるのが日本シリーズのドーム開催案だ。すでに12球団は「本拠地でなくても開催する」ことで合意。143試合とクライマックスシリーズを死守するため、日本シリーズは11月21日に第1戦を行い、29日に第7戦を終える日程を想定している。
 ただ、この日程も綱渡りになる。各本拠地球場は本来なら全日程が終わっている見込みで、各種の催事が入っている可能性が高いからだ。実際に神宮では11月20日から明治神宮大会が、東京ドームでは同22日から都市対抗野球がそれぞれ開催される。
 さらに、選手の拘束期間は原則として11月末まで。つまり、悪天候による順延は避けたい。そこで検討材料となるのがドーム球場での集中開催だ。札幌ドーム、ペイペイドーム(福岡)、京セラドーム大阪、メットライフドーム(埼玉)、ナゴヤドーム、東京ドーム。催事予定を度外視すると、現時点での候補はこの6球場になる。
 “中立ドーム球場”での7試合開催であれば、公平性や開催準備などの点で理想的。7試合使用が困難な場合や、ソフトバンクが出場してペイペイドームで開催する場合などは公平な条件を確保するために2球場を使うことも考えられる。いずれにしても、異常事態が続くプロ野球界。異例の措置で全日程消化を目指すことになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ