本文へ移動

福井、鯖江、越前町 記録的大雨 一時8万人 避難指示

2021年7月30日 05時05分 (7月30日 10時04分更新)
県道脇の増水した越知川に落ちる寸前の状態で止まっている車=29日、越前町牛越で(中田誠司撮影)

県道脇の増水した越知川に落ちる寸前の状態で止まっている車=29日、越前町牛越で(中田誠司撮影)

 大気の状態が不安定になった影響で、二十九日明け方から嶺北を中心に局地的な大雨が降った。気象庁から「記録的短時間大雨情報」が四回発表され、福井市と越前町で八万人余りに避難指示が出された。河川の氾濫や土砂崩れによる通行止めも相次いだ。 (長谷川寛之)
 県災害対策連絡室の同日午後六時半現在のまとめによると、越前町の天王川を見に行った付近の男性(72)が流木に当たって腕や頭に軽傷を負った。住宅被害は福井市と越前町で床上浸水十八軒、床下浸水三十二軒が発生。越前町では農業法人の倉庫一棟が全壊した。
 数年に一回程度しか起こらないような猛烈な雨が観測された「記録的短時間大雨情報」は午前五時半から同八時半の間に、四回発表された。内訳は福井市付近で一時間当たり八〇ミリと一〇〇ミリの二回、越前町上糸生(かみいとう)で八三ミリ、鯖江市付近で八〇ミリ。二十四時間雨量は、福井市小羽(おば)で二十九日正午までに二五五ミリに達し、越前町上糸生では午前十時までに二五四ミリとなった。
 福井市は午前九時二十分までに市西部などの約二万八千世帯の七万三千五百人、越前町朝日地区全域の約三千百世帯の八千九百人を対象に避難指示を出し、最大で百八十一人が避難した。午後四時までにすべて解除された。
 福井市と越前町の五河川が氾濫した。そのうち福井市大森町では志津川左岸が正午に決壊し、県道が冠水し、床下浸水二軒の被害が出た。大型土のうを積んで復旧工事に当たっており、三十日までの完了を目指している。
 土砂の流出などによって福井市西部と越前町の国道305号や県道の十カ所が通行止めとなった。JR北陸線は一部を運休。越美北線は福井−九頭竜湖間を終日運休とした。えちぜん鉄道勝山永平寺線は一時、一部区間で代行バスを運行した。

住宅被害(数字は軒数)

 【床上浸水】▽福井市 剣大谷町2▽越前町 栃川8、牛越4、大谷寺1、小川1、大玉2
 【床下浸水】▽福井市 剣大谷町1、大森町2、清水畑3▽越前町 市1、乙坂1、栃川11、上川去1、牛越1、森3、小川4、大玉3、天谷1

関連キーワード

PR情報