本文へ移動

NPBと12球団が報道機関への要望発表「検温の協力」「取材方法の順守」「マスクの着用」など6項目

2020年3月19日 17時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
報道陣と距離を保ちながら取材対応する日本ハム・栗山監督(右)

報道陣と距離を保ちながら取材対応する日本ハム・栗山監督(右)

 日本野球機構(NPB)と12球団は19日、連名でプロ野球取材に関わる報道機関に対する「新型コロナウイルスの感染拡大防止に関するお願い」を発表した。Jリーグと合同の対策連絡会議で専門家チームの提言には、報道関係者も対象として含まれているため、感染防止策として要請が出された。基本的には一般的に推奨されている予防対策と同じ。内容は以下の通り。
▽体調不良者の来場は控える
▽取材は必要最低限の人数
▽検温への協力
▽取材中のマスク着用と定期的な手荒い、アルコール消毒など
▽球団が指定する取材場所、取材方法の順守
▽担当記者やその家族に感染の疑いが生じた場合はすみやかに担当球団やNPBに報告

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ